2007年12月25日

M-1でよく頑張った男、キングコング西野

一昨日のM-1はサンドウィッチマンの優勝で幕を閉じました。
最終決戦に残った3組に異論を挟む人は少なかったのではないでしょうか。3組の何れも、出来がとても良かったように思いました。サンドウィッチマンの優勝は順当なものだったと思います。今後は、サンドウィッチマンが敗者復活戦に回らなければならなかった準決勝の審査システムを見直す必要があるでしょうね。

今回、クマちゃんはベタですがキングコングに注目していました。
過去、当ブログではキングコング西野について、
自分を持っている男、キングコング西野 - クマちゃんのぼーげんブログ
芸人という枠に収まらない男、キングコング西野 - クマちゃんのぼーげんブログ
熱いファンに支えられている男、キングコング西野 - クマちゃんのぼーげんブログ
といった皮肉満載のエントリーでとりあげてきました。

キングコングやはねトびに対する気持ちは熱いファンに支えられている男、キングコング西野で書いた当時とそう変化はありません。

あのエントリーを書いてから既に1年半近く経ってしまいましたが、その間にも、Web界隈を見ていると彼のブログである「西野公論」を読んで、多くのアンチが生まれていったように思います。

自信満々なエントリーを書いてアンチを増やすようなスタイルは、それはそれでありだと思っています。しかし、それに伴う実力を証明する場が今のキングコングには無かったのではないでしょうか。現在の「はねるのトびら」は、バラエティ番組としては、非常に優れた番組だとは思いますが、お笑い番組としてはそれ程評価できません。今回、M-1に出たことによって、キングコングがどんな芸を披露してくれるのか、見てみたいと思っていたアンチにも、実力を見せることが出来たと思います。


今回の敗戦を受けての「西野公論」が更新されました。
結果が出た時は自分でもビックリするくらい悔しかったです。

おそらくDVDやら何やらで裏側を流されるだろうから先に言っておくと、泣きました。

僕は何年かぶりに泣きました。

悔しかったからです。

それはチャンピオンを取れなかったという事実よりも、僕自身キングコングよりもサンドウィッチマンさんの漫才の方が今の段階では面白いと思ったからです。

審査員の審査ミスなら幾分ラクだったと思います。でも、そうではなかった。

優勝は文句無しでサンドウィッチマンさんです。

その中で梶原は120点の仕事をしました。

悪いのは僕が書いたネタがウンコだったということです。

キングコングが負けた原因は僕です。



今回はいい機会なので言っておきます。

僕が皆さんに見せなければいけない事は、きっと戦っている姿だと思います。

ここで宣言します。

僕は来年もM−1グランプリに出ます。

いろいろデメリットもありますが、プライドが許さないので来年も出ます。

そして優勝します。



キングコング西野のコラム「西野公論」:西野公論 :チンカス西野より
素直にサンドウィッチマンの方が面白かったことを認めています。今までの自信たっぷりなエントリーからすれば、それはもう、めちゃくちゃ悔しいことでしょう。また、梶原は120点の仕事をしたとありますが、確かに梶原は光っていました。西野は自分が敗因だと言っています。確かにネタ作りを担当しているのは西野なのだから、そういう面はあるでしょう。ただ、相方があれだけ活きるネタを書けたということは、プラスにとってもいいのではないでしょうか。とは言え、確かに梶原が良かっただけに、西野の印象が薄くなったのも事実ではあります。

来年も出場するそうなので、西野の更なる精進に期待しています。優勝は西野自身にかかっているのではないでしょうか。


続きを読む
このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをブックマークに追加
posted by クマちゃん at 00:24 | Comment(2) | TrackBack(6) | 芸能・テレビ
2007年06月21日

やべっちの破局記事についてなんだけど、中日スポーツの竹島勇さん、感じ悪いよ。

やべっちの破局会見は、予めネタバレっぽくなったことから、滑った感ありありでしたね。ところで、その破局を伝える中日スポーツの記事なんですが、ちょっと気になったところがありました。
ナイナイ矢部 破局 交際15年「ひとみちゃん」にプロポーズ断られた

2007年6月21日 紙面から

 人気お笑いコンビ「ナインティナイン」の矢部浩之(35)が20日、東京・台場のホテル日航東京で会見し、15年交際した恋人「ひとみちゃん」との破局を公表した。レギュラーのフジ系=東海テレビ「めちゃ×2イケてるッ!」の番組収録を兼ね、相方の岡村隆史(36)ら共演メンバーも同席してバラエティーのりで盛り上げようと必死。テレビらしいしたたかさだったが過剰演出との批判の声もあり、矢部ファンや視聴者に果たして受け入れられるだろうか。

中日スポーツ:ナイナイ矢部 破局 交際15年「ひとみちゃん」にプロポーズ断られた:芸能(CHUNICHI Web)より(太字はクマちゃんによる)
太字部分について、なんだか悪意が感じられるのですが、気のせいでしょうか。こうした意見はネットでもちらほら見られましたし、会見を番組収録に利用していることから、記事では「矢部ファンや視聴者」としかありませんが、フジサンケイグループのメディア以外のマスコミにとってもおもしろくはなかったかと思います。

でも、
会見を番組の収録に利用するという批判については「お笑いなんで(番組がらみなしで)会見する方がつらい。悲しいこともお笑いにできればいい。ふざけた様子に見えたと思うんですが、メンバーの気遣い。不愉快になられた方がいたら申し訳ございません」と語った。

矢部やっぱり破局だった…:芸能:スポーツ報知より
スポーツ報知の記事にあるように、吉本の市川海老蔵(吉本のディカプリオの方が愛着あり)こと矢部浩之は、こうした批判について説明しているんですよね。
 そもそも“軌道修正”を余儀なくされた会見だった。前日19日、マスコミ各社には「プライベートに関しての発表」とだけ連絡。結婚を含めてさまざまな情報が乱れ飛んだ上、会見は番組の一部と判明して批判も出た。このため、会見は、事前に同番組の中嶋優一プロデューサーが「あいまいな情報が錯綜して申し訳ありませんでした。真摯(しんし)に対応させていただきますので温かく見守ってください」と異例の謝罪をしてから始まった。

livedoor ニュース - 「矢部破局」既報通りで共演者“被害”より(太字はクマちゃんによる)
こうした記事もありますし、「めちゃイケ」サイドのしっかりと説明しようという姿勢は伝わってきます。

にも関わらず、中日スポーツではそうした発言は、掲載されていません。矢部ファンや視聴者が受け入れるかどうかは別として、彼らの言い分は掲載するべきだったのではないでしょうか。

それとも、スポーツ新聞に公正な記事を求める方が間違っているのでしょうか?

新聞の時代錯誤―朽ちる第四権力
大塚 将司
東洋経済新報社 (2007/02)
売り上げランキング: 18550
おすすめ度の平均: 4.5
3 新聞はもちろん、著者もやや時代錯誤
5 日本人が知らねばならない慰安婦問題
5 本当に「過去を直視」すべきは朝日新聞
このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをブックマークに追加
posted by クマちゃん at 23:29 | Comment(6) | TrackBack(0) | 芸能・テレビ
2007年03月13日

TBSがWEBコミュニティを使って印象操作!?

日付変わって昨日、TBS系列で放送された「HERO'S2007開幕戦」で、
通販さん@賛成です
このようなネット掲示板の書き込み(画像をクリックすると拡大して表示されます)が画面に現れました。

内容を簡単にまとめると、桜庭和志の全盛期は過ぎたというようなものです。

で、何が問題かというと、この掲示板は実在するのかどうかということです。放送時、URLやサイト名などの表記はありませんでした。となると、与えられた情報から検索するぐらいしか探り当てる方法はありません。

しかし、様々な検索エンジンを利用しても、掲示板を見ても、このような書き込みがある掲示板を見つけることはできませんでした。

そして、2ちゃんねるでは
684 : タレント(子役):2007/03/12(月) 22:43:20
まとめ
・通販さんという名前に関わらず、格闘技を語る皆さん
・全レスが行間が開いていて、テレビ的に読み易いレスをする皆さん
・律儀にも句読点はしっかりしてる皆さん
・試合は12/31なのに、1/13になっても数十秒の感覚というペースで桜庭を語る皆さん
・302の「桜庭」と303の「桜庭」の開始位置がズレている
(全角文字の空文字なら明らかにズレる。半角文字の空文字なら詰められるはず)

TBSが2ch捏造板を作り桜庭批判より
このように、書き込みに対する違和感が簡潔にまとめられています。

こういった疑惑があると、TBSに掲示板が本当に存在するのかを問い合わせたくもなるのですが、現時点で納得できるような答えが返ってくるのかは疑問です。というのも、「掲示板は存在するが、利用者に迷惑がかかる恐れがあるため、URLやサイト名を明かすことは出来ない」で片付けられそうな気がするからです。その後に、もしかすると「情報が不十分だったかもしれない」や「以後、気を付ける」といった反省の言葉も付け加えられるかもしれませんが、おそらく大枠としての言い訳は上記のような文句に落ち着くのではないでしょうか。

今後も、このように捏造の疑いが残るWEBをソースとしたテレビ番組が放送される可能性はあるでしょう。GoogleやYahoo!などの検索エンジンがWEBを完全に網羅しているわけではありませんが、検索にも引っかからない・URLやサイト名もわからないようなものがテレビで取り上げられていたら、注意が必要なのは間違いないと言えるでしょう。

掲示板やmixiなどのSNS、ブログなどは、かつての個人サイトなどと比べて、管理人と利用者の関係が見えやすくなっており、コミュニティとして成立し易くなっています。そうしたものの体裁を利用した捏造ソースが、今後、「利用者の迷惑にならないように」という文句とともに乱発されないように気をつけましょう。

TBS「報道テロ」全記録―反日放送局の事業免許取り消しを!

晋遊舎 (2006/12)
売り上げランキング: 2706
おすすめ度の平均: 5.0
5 悪質な多事争論
5 慰安婦問題が今すごいことになっている
5 公器の報道機関が反日国家・特定団体を支援する異常


続きを読む
このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをブックマークに追加
posted by クマちゃん at 00:29 | Comment(0) | TrackBack(2) | 芸能・テレビ
2006年11月17日

長澤まさみとまる子のコラボって…

【CMのミカタ】長澤まさみが“まる子”とコラボ?-エンタメニュース:イザ!
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/television/27940

長澤まさみのカラリオのCMは、「ちびまる子ちゃん」一家を表しているってな記事。ドラマ版の「ちびまる子ちゃん」にも触れてあるけれど、それでいけば、ロッテのガーナミルクチョコレートのCMで長澤まさみはドラマ版の「まる子」(森迫永依)と共演してるのになぁと思った。今回のコラムはカラリオのCMについてってことで、他のCMのことには触れなかったのかもしれないけれど、【CMのミカタ】ってタイトルなら広い視点で触れりゃいいのになと。
Amazon.co.jp: テレビアニメ放送開始15周年記念ドラマ ちびまる子ちゃん 初回限定版: DVD: 森迫永依,さくらももこ,高橋克実,清水ミチコ,モト冬樹,福田麻由子,市毛良枝,美山加恋,樫田正剛
タグ:芸能 CM
このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをブックマークに追加
posted by クマちゃん at 01:32 | Comment(1) | TrackBack(0) | 芸能・テレビ
art2_468x60.jpg
ネットビジネスはじめる? ---LinkShare---

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。