2007年11月08日

たかがブンヤが

 「大連立」を言い出したのは誰か――。小沢代表は7日の記者会見で、福田首相との党首会談に至るまでの経緯を明らかにした。政治家が公の場で政局の内幕を明らかにするのは異例。一方、首相はこの日も「何から何まで話すのは許されない」と話した。

 小沢氏によれば、約2カ月前、ある人物から誘われ、食事をした。「お国のために大連立を」と訴えるその人物に、小沢氏は「民主党は参院選で国民に力を与えてもらった。衆院選も力を合わせて頑張ろう、勝てるという雰囲気の中にある」と説明し、「(連立は)政権を担っている人が判断する話。私どもの方からとやかくいう話ではない」と伝えたという。

 しばらくたった先月半ば以降、その人物から「首相もぜひそうしたいという考えだ。首相の代理と会ってくれ」と連絡があり、指定された場所に行った。

(中略)

 仲介者について、小沢氏は「渡辺恒雄・読売新聞グループ本社会長ではないか」との質問に「具体的な名前は言えない」。ただ、小沢氏周辺によれば、仲介者は渡辺氏で、首相の代理は森元首相とみられる。

asahi.com:「大連立」まず誰が? 小沢氏「2カ月前に話あった」 - 政治より(太字はクマちゃんによる)


 記者会見では、問題の発端になった党首会談について「(今後は)明確に内容を役員会で検討してもらい、応じないか決める。基本的にはやることにはならない」と語った。大連立構想が浮上した経緯については、約2カ月前に「さる人」から働きかけがあり、先月、その人物から「首相もそうした考えだ」との連絡があったと説明。首相の代理役の別の人物に会い、連立の意向を確認したうえで、党首会談にのぞんだという。仲介役が連立構想に積極的な渡辺恒雄・読売新聞グループ本社会長兼主筆かどうかについては「私の口からは言えない」と述べるにとどめた。

小沢代表:辞意撤回し続投 「連立考えず総選挙がんばる」 - 毎日jp(毎日新聞)より(太字はクマちゃんによる)


 小沢氏の7日の記者会見では、党首会談の仲介者を小沢氏が明かすかどうかが焦点となったが、小沢氏は「申し上げられない」と拒否した。

−−党首会談、連立構想についてうかがう。仲介役は読売新聞社の渡辺恒雄主筆か。また、4日に代表が発表した報道への厳重な抗議だが、まったく事実に反するとも言い切れないし、抗議の中の「私を政治的に抹殺し、明白な誹謗(ひぼう)中傷報道だ」というのはまったく違うと思うが、抗議を撤回する考えはあるか

 「まず具体的な(仲介者の)名前についてまでは、私の口からは申し上げることはできません。控えさせていただきたいと思います。それから、私から持ちかけ、私から積極的に、主体的に党首会談、連立の話をしたかのような報道は、その意味においては全く事実に反しますので、その点について撤回する意志はありません。しかし、もしその他のことにつきまして、私の言葉、言い回しが過ぎていたとするならば、その部分を撤回致します」

「仲介者の名前はいえない」小沢氏会見の詳報(4)完 (1/2ページ) - MSN産経ニュースより(太字はクマちゃんによる)








 小沢氏は、自民、民主両党による連立政権構想の経緯について説明し、「2か月前だったか、さる人から呼び出され、食事をともにしながら、話をした。その内容は、お国のため、『大連立』をというたぐいの話だった」と述べ、今年9月の福田政権の発足前から、党首会談を仲介した人物と「大連立」構想について話し合っていたことを認めた。小沢氏は仲介した人物との会談の中で、「そういう(大連立の)たぐいの話は現実に政権を担っている人が判断する話で、私どもがとやかくいう話ではない」と述べたという。

 また、小沢氏は、10月30日の最初の党首会談の直前にも、首相の代理人と接触し、大連立をめぐって協議していたことを認めた。

 具体的には、小沢氏は、首相の代理人から「首相も是非連立をしたい」と言っていると言われ、「首相から直接、話を聞くのが筋だ」と答えたことを説明した。ただ、小沢氏は「私から(党首会談を)持ちかけ、積極的、主体的に党首会談をしたかのような報道は、全く事実に反する」と主張した。

小沢代表、会見で「誹謗・中傷報道」批判を撤回 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)より(太字は…無し!)


7日現在、当の読売新聞にだけはナベツネの名は出てこず。

小沢ショック : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe8400/index.htm

こんな特集をしていて、辞任会見の際は記者との一問一答を載せる程、力を入れているのだから、ぜひ今回の会見の詳報を伝えてほしいんですけどね。


小沢氏は真実を語れ」と読売新聞は言っていましたが、小沢一郎は全部を語ってはいないものの、当事者が自ら語ったわけです。読売新聞もしっかりと社説で語ってほしいものです。

2007年11月8日午後10時56分 追記
小沢氏辞意撤回 民主党の未熟な体質が露呈した : 社説・コラム : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20071107ig90.htm

今日の社説はこんな感じ。小沢ショック : 特集は追加無し。

ナベツネの名を出して堂々と大連立を煽ってくれたら、それはそれでスッキリするのに。
このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをブックマークに追加
posted by クマちゃん at 00:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
auto insurance quotes ejweqw affordable term life insurance 901
Posted by ZesybLMBsTFJdgRt at 2013年05月24日 17:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65179912
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック&関連エントリー
art3_468x60.jpg
ネットビジネスはじめる? ---LinkShare---
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。