2005年08月12日

まだまだファイヤー!!

絶賛炎上中の大仁田革命日記が更新された。まだまだ鎮火は難しそうだw

大仁田厚氏はこう言っている。

俺は意志があって棄権した。
それについて批判がある・真剣に怒っている人達がいる
ということは痛いくらい良く分かった。
じゃあなぜ、郵政法案に賛成なのかを教えて欲しい。
俺以上に勉強してる奴なんていっぱいいるだろう。
郵政法案のどこに賛成か、
どこに問題があると思うのか、
この郵政法案は何を重んじなければいけないか、
皆の意見を聞かせて欲しい。
そして俺の意見と照らし合わせて考えてみたい。
皆の意見を待っている。

俺は意思があって棄権したと語っているところからして、今回のエントリーは私人大仁田厚ではなく、公人大仁田厚議員と考えて良いようだ。

クマちゃんは考え・信念と姿勢・態度というエントリーで、法案について、大仁田厚議員の賛成意見が特に見受けられなかったと書いた。見つけられなかったクマちゃんが悪いのかもしれないと思いつつ。

そんなクマちゃんは、今回のエントリーを読み、一つの結論に至った。大仁田厚議員には、法案に対する賛成意見など無かったのでは無いだろうか。彼は今、ブログという情報発信手段を持っていながら、そこで自分の意見を先に発信せずに、ブログの特性であるコメント・トラックバックによる連携を通じて意見を募り、それを参考にして意見するという後出しジャンケンをしようとしている。
自分でしっかりとした意見があれば、発信してリアクションを見ればいいのである。それから、反論したり、時には、考えを改めたりすればいい。それをしなかったのは、それができなかったから。つまり、意見が無かったからである。
「俺以上に勉強してる奴なんていっぱいいるだろう。」から、そいつらにコメントさせて、体裁良いコメントを採用しよう。そういった魂胆を感じざるを得ない。

思えば、彼は前回のエントリーで、条件というものに言及していた。その条件の詳細については、今回のエントリーでも明らかにされてはいない。若しかしたら、大仁田議員は、自分の意見をしっかり持たずに、条件というもののみで、賛成と反対の狭間で揺れ動いていたのかもしれない。


国会議員が法案について、自分よりも勉強している人がいるだろうと語ることに批判の声もあるだろうが、それについては、仕方ないかなと思う。誰にでも得意分野と言うものがあるからである。惜しむらくは、自分より勉強している人に意見を聞く機会が、法案の採決前でなく、後であったことにある。採決以前に、ブログで意見交換してから、採決に臨めば良かったのではないだろうか。今となっては、政の後の祭ではあるが。
このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをブックマークに追加
posted by クマちゃん at 23:02 | Comment(2) | TrackBack(3) | 政治
この記事へのコメント
当人が油注いでて鎮火も何も無いと思いますw
Posted by 名無し at 2005年08月12日 23:58
>名無しさん
確かにそうですねw
次の一手(油の一注し)が楽しみですw
Posted by クマちゃん at 2005年08月13日 00:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5835781
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック&関連エントリー

ハレンチカンカン!?10000円 わーショック!
Excerpt: ダジャレですよ。ダジャレ。 ダジャレでもかかないと、やってられない。 大阪市が、過去に官官接待で、ひとり10000円の弁当を出してたらしい。 10000円ですよ、10000円。 これ、ノーパンしゃぶ..
Weblog: 日本国初代大統領を目指せ!
Tracked: 2005-08-13 01:26

ブログの大仁田って本物?
Excerpt: 何回も大仁田ネタで申し訳ないが、書かせてもらう。
Weblog: つまらないニュース
Tracked: 2005-08-13 13:03

敵前逃亡の大仁田は,今すぐ辞職しろ。
Excerpt: 「棄権」に対する批判に対し,大仁田は下のページで以下のように発言している。    「大仁田革命日記」(←「革命日記」?所属政党間違えてないか?まあいいか。) http://b..
Weblog: あああ
Tracked: 2005-08-14 23:31
art3_468x60.jpg
ネットビジネスはじめる? ---LinkShare---
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。