2005年08月12日

私人大仁田が公人大仁田を擁護!?

郵政民営化には賛成だが、法案や小泉首相の手法に疑問が残ったということで、賛成か反対かで悩みに悩んで結局、棄権した大仁田厚議員。そんな大仁田が自身のブログ上で逆ギレしているw


彼はこう言っている。

国会議員としてスポーツマンとしてではなく、

 個人  大仁田 厚 として言わせてもらう。


今まで投票に行ってたのか?
総選挙・都議会選いろいろあったけど、全て行ってたのか?
行ったことない奴もいるだろうな。
発言するからには責任持って投票に参加してくれよ。
それによく考えて分からないか?
棄権するほうが圧倒的に不利なんだ。
どっちからも相手にされないの分かってんだから。
条件も片方からの支持も得られないんだ。
白黒はっきりつけるってことは、どちらかの条件をのむってことだ。

ちゃんちゃらおかしいw


弁明したいことがあるのなら、政治家として弁明すればいいではないか。文脈からは、個人 大仁田厚というのは私人というニュアンスを含んでいると理解できる。公人である大仁田厚議員は、政治家としての発言では無いというエクスキューズを付けた上で、私人大仁田厚氏に言い訳をさせたのである。公人と私人とを都合良く使い分けるような人間は、国会議員としてふさわしくないのではないか。


私人大仁田厚氏によれば、国会議員に発言するには選挙に行かなければいけないそうだ。文章中ではそこまで断定した内容ではないが、「投票に行ってたのか?」という文章中から滲み出る高圧的な態度からして、それだけの意味が込められていたと考えても不思議は無いであろう。
というわけで、一国会議員という仮面を脱ぎ捨てた私人大仁田厚氏に言わせると、
●選挙権を持たない人
●国会議員一人あたりに使われている6300万円の税金の一部を支払っているかもしれない選挙に行かない人
●白票投票もバカらしくなって、まるで議決権を行使しなかった誰かさんのように選挙権の行使をしなかった人

これらの人には、大仁田厚議員の発言・行動に文句を言う権利は全く無い
ということだそうだ。
私人大仁田厚氏が、「責任持って投票に参加してくれ」と言っているが選挙に行くことは確かに大切なことである。何故なら、選挙権を行使することで大仁田厚議員が選挙に立候補した際には、彼を当選させることも落選させることも出来るからである。


プロレスラー大仁田厚という人はかつて、既に引退していた長州力との戦いを実現させようと、訴え続け、ついにそれを実現させた。彼らの戦いはインディーとメジャーというイデオロギーの闘争でもあった。そんな大仁田厚を期待して、彼に票を投じた人も多かったのではないだろうか。その大仁田厚は国会議員となって、賛成派と反対派の出す条件に悩み、どっちも飲めないと投票を棄権するような人となった。賛成か反対かという信念があれば、それを貫き通すのが大仁田厚という人だろうと私は考えていたが、そうでは無かったらしい。たぶん、どっちつかずという信念を貫き通すのも一つの道なのだろう。


私人大仁田厚氏が代弁する大仁田厚議員の飲めなかった条件がどういったものかは詳しくはわからない。政治は賛成か反対かを簡単に決められるほど、甘くはないのだろう。それだけ重要な仕事であることは間違い無いのだから。結局は、簡単には決められないから、よく考えて信念を持って決断できる国会議員を選ぶ必要があるのだということなのだろう。

このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをブックマークに追加
posted by クマちゃん at 01:34 | Comment(0) | TrackBack(1) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5812669
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック&関連エントリー

郵政民営化に関して大仁田さんの対応とそれに対しての反応への私感
Excerpt: 大きくニュースにもなったのでご存知の方も多いのではないでしょうか、歌う蛙です。 参議院で大仁田厚さん、投票を棄権しましたね。皆さんどうお考えでしょう。 その大仁田さんがブログをおもちなのをご存..
Weblog: ToS : silver shooting star
Tracked: 2005-08-12 15:12
art3_468x60.jpg
ネットビジネスはじめる? ---LinkShare---

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。