2007年05月21日

AFCフットサル選手権大会日本2007の決勝戦を見てきたよ

大阪と兵庫で開催されていた、AFCフットサル選手権大会日本2007の最後を飾る3位決定戦と決勝戦を先日、観戦してきました。
BS朝日で連日放送されていた日本代表の試合を見ている内に生で見たくなり、現地へ乗り込んだのであります。

フットサルは遊びでやる程度、レベルの高い試合を生で見るのは初めてってな自分にとって、どんなんかな〜(笑福亭仁鶴調で)とわくわくしていたのですが、期待以上におもしろかったです。


3位決定戦(ウズベキスタン vs キルギスタン)は特にどちらを応援するわけでもなく、気楽に観戦。前半でウズベキスタンが3点をリードする展開になり、こりゃ勝敗は決まったかな…と思ったのですが、後半、キルギスタンが攻める攻める!結果としてはウズベキスタンが5-3で勝利となりましたが、キルギスタンの後半の盛り返しは会場を盛り上げ、決勝戦の前座(といったら失礼ですが)としての役割を充分に果たしていました。

イラン VS 日本

決勝の結果は…あんまり語りたくねえ。。。イランが4-1で日本に勝ちました
うーん、、やはり強豪イランは強かったという印象。日本は効果的に攻められず、パワープレーも功を奏さずでした。イランのエース、ヴァヒド・シャムサエーは強烈なインパクトを放っていました。あのボールの収まり方は異常!大会MVPに選出されたのも納得です。


3位決定戦は、試合展開や点の取り合いという要素が重なって、試合自体を楽しむことができました。一方の決勝戦は、どちらかと言うと、試合自体よりも日本代表を応援する楽しさの方が、自分の中では勝っていた感があります。アジアではトップレベルのイラン vs 日本というカードは、試合のレベルも高いのかもしれませんが、観戦に慣れていなかった為か、それほど試合自体を楽しむことができませんでした(結果も影響しているとは思うけどw)。但し、カップ戦の決勝戦に限らず、優勝が懸かっている試合というのは、面白みに欠けることが多々あることを考慮する必要もあるかもしれません。

フットサルはサッカーと比べると、観戦という文化はまだまだ定着していないのではないかと思います。自分もサッカーは何度も観戦したことはありますが、フットサルは初めてでした。そういった中で、今回は上記の様な観戦を楽しくさせる要素である、試合展開・贔屓チームの応援が、二つの試合で違った形で存在した為、楽しめたのだと思います。


フットサル界の盛り上がりのカギは、こういうところにあるのかもしれません。日本代表以外にどれだけ贔屓チームができるか、そして、そのチームが魅力あるゲームを出来るか。
まあ、こういったことはフットサルに限ったことではなくて、サッカーを始め他のスポーツにも当てはまることだとは思いますが。

今年の9月には日本初のフットサル全国リーグ「Fリーグ」が開幕します。Fリーグが盛り上がれば、それをきっかけにチームが増え、地元にもチームが出来るかもしれません。Jリーグをお手本に地域密着を掲げたチーム作りが出来れば、贔屓チームになるかもしれません。

日本のフットサルの盛り上がりに期待したいです(期待するだけじゃなく、行動しろという話も)。

超技巧派!木暮賢一郎 フットサル攻撃スタイル
木暮 賢一郎
ソニーマガジンズ (2006/09)
売り上げランキング: 56933
おすすめ度の平均: 4.5
4 フットサルの戦術に活かす個人技を知りたい人向け
5 実践的です。



と、まあ、こんな感じの文章を書いてから調べてみると(書く前に調べろよとの声も)、ネットでは今回の大会を関東で開催してほしかったという声をちらほら見かけました。どうやら、関東ではフットサル熱が関西よりも格段に高いようで、観戦という文化もかなり根付いている模様。今大会のPR不足を嘆く声も見かけました。

私の場合、今大会の開催を知ったというか、意識したのはBS朝日でのACLの中継番組で、しつこい程繰り返し放送された今大会の放送をPRするCMでした。しかし、その時は見に行こうという発想は無く、どこでやるのかにあまり興味も示していませんでした。大阪・兵庫で開催されていることを知ったのは、今大会の放送を見てのことです。

フットサルと縁の深いサッカーも、関東と比べると関西はメディアでの取り扱いも多くありません。地上波では、UEFAチャンピオンズリーグの決勝でさえも、放映の心配をしなければならないぐらいで、週間や月間の番組表を雑誌で見ていて、「未定」とあると不安になります(実際にはちゃんと放送されるのですが)。

そんな関西で大会を開催したことに、様々な自負を持っているかもしれない関東の人達が不満を覚えるのも仕方の無いことなのかもしれません(けど、大阪なんかでやるから負けるって言い方は現地観戦者にすれば辛かったり)。

しかし、やべっちFCでの今大会の特集で、日本のエースで今大会の得点王でもある木暮 賢一郎選手は大会を振り返って、五千人を超える観客の多さに触れ、フットサルの魅力を伝えることの意義を語っていました。

今大会をフットサルの更なる普及への礎として、関係者には頑張って頂き、それを我々も応援していきたいものです。上で、「日本のフットサルの盛り上がりに期待したいです(期待するだけじゃなく、行動しろという話も)。」と書いたけど、やっぱり実際に行動で示さないといかんなぁ。



おまけの画像

監督・選手のサインで…
監督・選手のサイン

サッポ監督のサイン。片仮名で「サッポ」がカワイイ
サッポ監督のサイン

会場前で頂いたハリセンの裏にニコニコ動画の文字が!協賛?
ニコニコ動画
このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをブックマークに追加
posted by クマちゃん at 03:21 | Comment(0) | TrackBack(2) | スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42398024
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック&関連エントリー

【 AFCフットサル選手権2007 】について最新のブログの口コミをまとめると
Excerpt: AFCフットサル選手権2007に関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。
Weblog: プレサーチ
Tracked: 2007-10-01 09:29


Excerpt: サッカーと文化サッカー文化(サッカーぶんか)サッカーは世界中で最も多くの国で行われているスポーツと言われており、特に盛んなイギリス・ブラジル・アルゼンチン・イタリアなどの国ではその国の文化と密接な関係..
Weblog: サッカーFC事典
Tracked: 2007-10-02 13:58
art3_468x60.jpg
ネットビジネスはじめる? ---LinkShare---
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。