2006年08月03日

亀田対ランダエタ戦で判定アナウンスへの反応に感じた違和感

昨日のWBA世界ライトフライ級王座決定戦の構図は
これまでフライ級を主戦場としてきた亀田と、ミニマム級から階級を上げてきたランダエタ。本来は2階級違う両者が、中間にあたるライトフライ級で世界王座を賭けて激突する。

スポーツナビ|格闘技|速報より
この様なものであった。亀田興毅が世界タイトルに挑戦したのは間違いないが、決して王者ランダエタに挑戦といったものではなかったのだ。

だからどちらが勝っても、"新チャンピオン"が誕生していたのである。

それなのに、判定で新チャンピオンというアナウンスが聞こえた瞬間、黄色い歓声(亀田ギャル?)が聞こえた。

おそらく、テレビを見ていた人の中にも、この様な勘違いをされている人は多いと思う。けれど、せめて試合会場に足を運んでいる人達は、その試合がどのような意味合いを持っているのかぐらい知っていてほしいと思うのだが……
きっと、あそこで歓声を上げたのはボクシングファンではなくて、亀田ファンでしかないのだろうし、仕方ないのかなという気がしないでもないけれど。

Amazon.co.jp: エグいほど強いで!!: ホーム: 亀田 興毅
このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをブックマークに追加
posted by クマちゃん at 12:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技・プロレス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21868314
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック&関連エントリー
art3_468x60.jpg
ネットビジネスはじめる? ---LinkShare---
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。