2005年12月07日

公的資金投入について

今回、全く責任が無く恐怖に怯えているのは、マンションの周辺住民。そんな彼らを救うために、解体費用を公的資金で一時的に賄うのは、間違っていないと思う。

ただ、マンション住民を救うのに使うのはなぁ…。

だって、
耐震計算偽造:住宅支援902戸中、応募22件 「分譲」居住者、転居は12世帯のみ

 耐震データ偽造問題で、各自治体がこれまでに支援策として打ち出した公営住宅の提供戸数計902戸に対して、6日現在、応募は22件にとどまっていることが毎日新聞の調べで分かった。住民からは「満足できる住空間がない」「通勤・通学の便がよくない」などの声が上がっている。

耐震データ偽造問題:MSN毎日インタラクティブより(太字はクマちゃんによる)
って言ってるんですよ。

周辺住民やマンション住民の安全確保のためには、早急に解体が必要なわけで、そのために住むところを用意しようって話なのに、スペースや利便さについて文句を言うなんて、どれだけ神経が図太いんだか。

被害者連絡会の代表なんかは、行政の動きに感謝の意を示したり、自分達にも一定の責任があることを認めている。しかし、住宅支援に贅沢を言っている住民がいる限り、国民の公的資金投入に対する不快感が消え去ることは無いと思われ。
あと、純然たる民民の問題では無いなら、この問題の真相究明に一定の道筋がついたら、公の責任をてめぇが取って、辞めろよ!北側!
このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをブックマークに追加
posted by クマちゃん at 23:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
valtrex xjpidr auto insurance online lau
Posted by QXylxbGMKLfYNQFCq at 2013年05月26日 17:30
life insurance quotes >:-) infinity auto insurance pqsh
Posted by cCQwfxLerXobEp at 2013年05月26日 17:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10359223
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック&関連エントリー
art3_468x60.jpg
ネットビジネスはじめる? ---LinkShare---
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。