2007年05月21日

AFCフットサル選手権大会日本2007の決勝戦を見てきたよ

大阪と兵庫で開催されていた、AFCフットサル選手権大会日本2007の最後を飾る3位決定戦と決勝戦を先日、観戦してきました。
BS朝日で連日放送されていた日本代表の試合を見ている内に生で見たくなり、現地へ乗り込んだのであります。

フットサルは遊びでやる程度、レベルの高い試合を生で見るのは初めてってな自分にとって、どんなんかな〜(笑福亭仁鶴調で)とわくわくしていたのですが、期待以上におもしろかったです。


3位決定戦(ウズベキスタン vs キルギスタン)は特にどちらを応援するわけでもなく、気楽に観戦。前半でウズベキスタンが3点をリードする展開になり、こりゃ勝敗は決まったかな…と思ったのですが、後半、キルギスタンが攻める攻める!結果としてはウズベキスタンが5-3で勝利となりましたが、キルギスタンの後半の盛り返しは会場を盛り上げ、決勝戦の前座(といったら失礼ですが)としての役割を充分に果たしていました。

イラン VS 日本

決勝の結果は…あんまり語りたくねえ。。。イランが4-1で日本に勝ちました
うーん、、やはり強豪イランは強かったという印象。日本は効果的に攻められず、パワープレーも功を奏さずでした。イランのエース、ヴァヒド・シャムサエーは強烈なインパクトを放っていました。あのボールの収まり方は異常!大会MVPに選出されたのも納得です。


3位決定戦は、試合展開や点の取り合いという要素が重なって、試合自体を楽しむことができました。一方の決勝戦は、どちらかと言うと、試合自体よりも日本代表を応援する楽しさの方が、自分の中では勝っていた感があります。アジアではトップレベルのイラン vs 日本というカードは、試合のレベルも高いのかもしれませんが、観戦に慣れていなかった為か、それほど試合自体を楽しむことができませんでした(結果も影響しているとは思うけどw)。但し、カップ戦の決勝戦に限らず、優勝が懸かっている試合というのは、面白みに欠けることが多々あることを考慮する必要もあるかもしれません。

フットサルはサッカーと比べると、観戦という文化はまだまだ定着していないのではないかと思います。自分もサッカーは何度も観戦したことはありますが、フットサルは初めてでした。そういった中で、今回は上記の様な観戦を楽しくさせる要素である、試合展開・贔屓チームの応援が、二つの試合で違った形で存在した為、楽しめたのだと思います。


フットサル界の盛り上がりのカギは、こういうところにあるのかもしれません。日本代表以外にどれだけ贔屓チームができるか、そして、そのチームが魅力あるゲームを出来るか。
まあ、こういったことはフットサルに限ったことではなくて、サッカーを始め他のスポーツにも当てはまることだとは思いますが。

今年の9月には日本初のフットサル全国リーグ「Fリーグ」が開幕します。Fリーグが盛り上がれば、それをきっかけにチームが増え、地元にもチームが出来るかもしれません。Jリーグをお手本に地域密着を掲げたチーム作りが出来れば、贔屓チームになるかもしれません。

日本のフットサルの盛り上がりに期待したいです(期待するだけじゃなく、行動しろという話も)。

超技巧派!木暮賢一郎 フットサル攻撃スタイル
木暮 賢一郎
ソニーマガジンズ (2006/09)
売り上げランキング: 56933
おすすめ度の平均: 4.5
4 フットサルの戦術に活かす個人技を知りたい人向け
5 実践的です。



続きを読む
このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをブックマークに追加
posted by クマちゃん at 03:21 | Comment(0) | TrackBack(2) | スポーツ
art5_468x60.jpg
ネットビジネスはじめる? ---LinkShare---

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。